スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

200万年モノのオパール

オパールという名前は「色の変化を見る」という意味の「オパラス」が原語です。

世界のオパールの全産出量の95%を占めるのがオーストラリア中部の砂漠地域です。

P6231720.jpg

オパールはどのようにして形成されたのでしょう?

今から6500万年~1億4000万年前の白亜紀にこの地域は内陸の海だったんです。

また、シリカ(珪素)をふんだんに含んだ良質の海中の土は海岸沿いに蓄積され、

その後、海水が引いた時に巨大な大オーストラリア盆地が形成されたのです。

その後3000万年ほど前になって沈殿物は急激な天候条件のもとで大量に溶解された

シリカ土質を流出し、それが地層の裂け目や空間を埋めるように断層に流れ込み

ゼラチン化となり凝固してオパールになったんです。

P6231715.jpg

これは、そんな途方もない時間をかけて出来上がったオパールのカフスです。

1センチの厚さのオパールを形成するのに500万年かかると言われています。

このカフスは厚さ4ミリ程ありますので200万年モノですね。

板上のオパールカフスは大変珍しいですョ。

PA140842.jpg

こちらは近年価格高騰のボルダーオパール。

タイムプラネットby村松時計店
  <時計修理一番店>
banner_04.gif
がんばれクリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 13:23:34|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これ何だ!&答え | ホーム | 夏色パールネックレス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://timeplanet.blog104.fc2.com/tb.php/156-1a85c326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。